センチュリー21成ハウジング > センチュリー21成ハウジングのブログ記事一覧 > ハウスメーカーの家を売却するとは?売りやすい理由や重視されるポイント

ハウスメーカーの家を売却するとは?売りやすい理由や重視されるポイント

ハウスメーカーの家を売却するとは?売りやすい理由や重視されるポイント

不動産の売却をするときに、ハウスメーカーで建てた家の方が売りやすいといわれる理由は何でしょうか。
一般的にハウスメーカーの家は高く売れやすいといわれますが、その理由や重視されているポイントを理解しておくと、売却時に役に立つでしょう。
そこでこちらでは、ハウスメーカーの家とはなにか、売却しやすい理由や重視されるポイントについて解説します。

センチュリー21成ハウジングへのお問い合わせはこちら


売却しやすいハウスメーカーの家とはなにか

ハウスメーカーとは自社で建築資材を生産しり、建物設計や施工などを規格化して、全国で住宅の販売をしている会社です。
ハウスメーカーでは、「注文住宅」「規格住宅」「建売住宅」の3種類の住宅を販売しており、それぞれに特徴があります。
「注文住宅」は設計からデザイン、構造や工法のすべてを施工主の希望に合わせて建てるものです。
こだわって住宅を造れますが、費用が高額になってしまう傾向があります。
「規格住宅」はある程度決まっている間取りやデザインの中から、施工主の好みに合わせて選択し、組みあわせていきます。
もっともお手頃な価格で一戸建て住宅を購入したい場合には、メーカーが設計して建てた「建売住宅」がおすすめです。

▼この記事も読まれています
土地の売却前に調査が必要な地中埋設物とは?調査方法と撤去方法もご紹介

ハウスメーカーの建てた家が売却しやすい理由について

ハウスメーカーで建てた家は、構造や工法の計算がしっかりされていて、機能性の優れた住宅が多いのが特徴です。
またメーカーで建築資材が規格化されているので全国で性能にばらつきがなく、技術力や品質が安定しているのが売却しやすい理由といえます。
また設計やデザインには専門の部署が設置されているケースが多く、デザイン性の高い住宅が建てられるのも特徴です。
長期保証制度などアフターメンテナンスが充実しているので、中古物件として購入した場合でもメンテナンス期間であれば保証が受けられます。

▼この記事も読まれています
土地分筆における最低敷地面積とは?その調べ方や土地売却の方法を解説!

ハウスメーカーの建てた家が売却時に重視されるポイントについて

売却時には「構造・工法」「メンテナンス状況」「リフォームの有無」「間取り・デザイン」「周辺環境」が重視されるポイントです。
構造や工法は木造なのか鉄骨工法なのか、鉄筋コンクリート構造なのかによって法定耐久年数にも違いが出るので価格に大きな差がでます。
住宅や設備に不具合があると価値が下がってしまうので、メンテナンス状況がどうなっているのか、また場合によってはリフォームがされているかも重要です。
間取りやデザインはシンプルで住みやすいサイズの人気が高く、こだわりが強すぎると買い手が見つかりにくくなります。
また日当たりや騒音、臭気や高低差など周辺環境も大切です。

▼この記事も読まれています
築30年の一戸建ての売却!売却を成功させるポイントと注意点を解説

売却しやすいハウスメーカーの家とはなにか

まとめ

自社で建築資材の生産や、建物の設計や建築などをおこなっているハウスメーカーは、規格化されているため技術力と品質が安定しているのが特徴です。
アフターメンテナンスなども充実しており安心して住めるのが、売却しやすい理由といえるでしょう。
武蔵村山市の不動産ならセンチュリー21成ハウジングへ。
不動産のプロとしてお客様が満足していただけるよう対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

センチュリー21成ハウジングへのお問い合わせはこちら


センチュリー21成ハウジングの写真

センチュリー21成ハウジング メディア担当

東京都武蔵村山市で不動産を探すなら、センチュリー21成ハウジングにおまかせください!弊社では賃貸・売買ともに幅広い種類の物件をご用意しております。ブログでは様々なタイプの住宅情報や賃貸物件に関する情報をご紹介します。


≪ 前へ|20畳のリビングは何坪?広さのメリットとデメリットをご紹介!   記事一覧   建売住宅に太陽光パネルは後付けできる?後から設置するメリットと費用|次へ ≫

トップへ戻る