センチュリー21成ハウジング > センチュリー21成ハウジングのブログ記事一覧 > 建売住宅は建築前でも契約できる?申し込みの流れやメリットも解説

建売住宅は建築前でも契約できる?申し込みの流れやメリットも解説

建売住宅は建築前でも契約できる?申し込みの流れやメリットも解説

新築一戸建ての購入を検討していて、短期間で入居できる建売住宅の購入を希望している方も多いでしょう。
気に入った建売住宅が見つかり、建築前から購入を申し込みたいと考えている方もいるかもしれません。
今回は、建売住宅を建築前に契約することが可能なのかを解説し、購入までの流れや建築前に購入するメリット・デメリットを解説します。

センチュリー21成ハウジングへのお問い合わせはこちら


建売住宅を建築前に契約することは可能!契約の流れもご紹介

完成済みの住宅を購入するイメージが強い建売住宅ですが、建築中でも購入できるか気にしている方も多いでしょう。
たとえ建築前・建築中の建売住宅だとしても、建築確認取得済みの建売住宅であれば、売買契約を締結して購入することが可能です。
売買契約の流れとしては、まずハウスメーカーなどの買主に購入の申し込みをおこない、売買契約を締結したうえで手付金を支払い、建物の完成を待ちます。
その後に竣工検査をおこなって、工事の品質に問題がないかを確認し、問題がなければ残代金を支払って引渡しとなります。
売買契約を結ぶ前に、設計図を見ながら建物のプランや仕様を確認することや、引渡し前の竣工検査が必須であることが、建築前に建売住宅を契約する際の注意点です。

▼この記事も読まれています
建売住宅を購入する流れ!契約前・契約時・契約後の各段階ごとに解説

建売住宅を建築前に契約するメリット・デメリット

建築前のタイミングならば、建売住宅が大々的に宣伝される前に契約できるため、建売住宅の購入を目指すライバルが少なく、好きな区画を選びやすいことがメリットです。
建築会社によっては、好みに合わせてカラーセレクトや追加工事を依頼できる場合もあります。
施工状況も確認できるため、建築会社がしっかりと工事をしているのかをチェックできる安心感があり、マイホームが建築される様子を見守る楽しみも得られるでしょう。
一方でデメリットとなるのは、竣工検査まで建物の完成状況を見られないため、建築前のイメージと異なる建売住宅に仕上がる可能性があることです。
また、パワービルダーが建築する場合、完成後に販売促進を兼ねて値下げをすることもありますが、建築前に契約すると値下げがきかず、コストがやや割高になる場合があります。

▼この記事も読まれています
永住権なしでもマイホームは購入できる?住宅ローンの対策を解説

建売住宅を建築前に契約するメリット・デメリット

まとめ

建築確認取得済みの建売住宅であれば、建築前でも契約や購入が可能です。
建築前なら好きな区画を選びやすく、カラーセレクトができる場合があるほか、施工状況もリアルタイムで確認できます。
気になる建売住宅が見つかったら、ハウスメーカーなどの販売会社に連絡をして、条件を確認したうえで購入を申し込みましょう。
武蔵村山市の不動産ならセンチュリー21成ハウジングへ。
不動産のプロとしてお客様が満足していただけるよう対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

センチュリー21成ハウジングへのお問い合わせはこちら


センチュリー21成ハウジングの写真

センチュリー21成ハウジング メディア担当

東京都武蔵村山市で不動産を探すなら、センチュリー21成ハウジングにおまかせください!弊社では賃貸・売買ともに幅広い種類の物件をご用意しております。ブログでは様々なタイプの住宅情報や賃貸物件に関する情報をご紹介します。


≪ 前へ|一人暮らしで住民票は実家のまま!デメリットや住民票の移し方を解説   記事一覧   不動産売却で年金受給者の年金支給額に影響は?支払う税金や注意点を解説|次へ ≫

トップへ戻る