センチュリー21成ハウジング > センチュリー21成ハウジングのブログ記事一覧 > 一戸建てをメンテナンスしないとどうなる?長持ちさせるポイントも解説

一戸建てをメンテナンスしないとどうなる?長持ちさせるポイントも解説

一戸建てをメンテナンスしないとどうなる?長持ちさせるポイントも解説

一戸建ての購入を検討している場合、長期間快適に暮らせる家を選びたいと思っている方は多いでしょう。
家の構造や使用建材など、耐久年数に注目して家選びをするのは大切ですが、自分の暮らし方によっても家の寿命が異なる点も知っておかなければなりません。
ここでは一戸建てをメンテナンスしないとどうなるか、維持管理する箇所と時期や、家を長持ちさせるポイントもあわせて解説します。

センチュリー21成ハウジングへのお問い合わせはこちら


一戸建てをメンテナンスしないとどうなるのか解説

一戸建てを購入後、長期間メンテナンスしないままでいるとどうなるのか、まず、家のメンテナンスなしでの耐久年数を知っておく必要があります。
維持管理をしないでいた場合、家の耐久年数は20~30年ほどで、それほど長い期間とは言えません。
また、施工した住宅会社によっても違うため、住宅会社の定期点検をきちんと受け、アフターサポートが終了した後は持ち主自身が点検や補修をする必要があります。
家のメンテナンスが必要な理由は、定期的に点検・補修をして住宅性能の劣化を防ぐため、資産価値を維持するための2点が挙げられます。

一戸建てのメンテナンス箇所所と時期

一戸建てのメンテナンスが必要な箇所は、外壁や屋根の塗装、ベランダやバルコニーの防水塗装、コーキング補修、シロアリ対策、設備交換です。
塗装や防水などの補修をしないままでいると、外壁や屋根素材の劣化により雨漏りが発生し、家の寿命を早めるリスクがあります。
また、対策をしないでシロアリ被害が発生すると耐震性が下がるため注意が必要です。
メンテナンスのタイミングは外壁や屋根の塗装剥がれや大きなひび、錆などの症状がサインですが、目で見て分からない部分もあるため、10年を目安に点検を受けましょう。
補修にかかる費用は、20年後までは10年ごとに120万~170万円前後、30年後以降は400万~520万円前後が目安です。

一戸建てをメンテナンスして長持ちさせるポイント

一戸建てを長持ちさせるポイント1つ目はこまめに家の状態をチェックする点で、雨水が室内に侵入するとダメージが大きいため、外壁はとくによく見ましょう。
また、室内の換気や水回りの掃除など、自分でできる手入れは日常的におこなうよう心がけるのが2つ目のポイントです。
3つ目のポイントは家の選び方で、凹凸が少なく限りなく正方形に近い形の建物が、メンテナンスしやすい家の特徴と覚えておきましょう。

一戸建てをメンテナンスして長持ちさせるポイント

まとめ

一戸建てを購入後メンテナンスしないとどうなるのかは、耐久年数が20~30年と短い点から必要性が分かります。
補修が必要な箇所を把握し、定期的な点検を受けるのが一戸建てを長持ちさせるために大切です。
また、こまめにチェックし、換気や掃除など自分でできる手入れは日常的におこなうのが長持ちさせるポイントです。
武蔵村山市の不動産ならセンチュリー21成ハウジングへ。
不動産のプロとしてお客様が満足していただけるよう対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

センチュリー21成ハウジングへのお問い合わせはこちら


センチュリー21成ハウジングの写真

センチュリー21成ハウジング メディア担当

東京都武蔵村山市で不動産を探すなら、センチュリー21成ハウジングにおまかせください!弊社では賃貸・売買ともに幅広い種類の物件をご用意しております。ブログでは様々なタイプの住宅情報や賃貸物件に関する情報をご紹介します。


≪ 前へ|賃貸物件に照明器具がない理由は?自分で付けられるライトの種類もご紹介   記事一覧   住宅の購入を決断できない理由は?購入のタイミングについても紹介|次へ ≫

トップへ戻る